トップ / 麻酔科の危険性とは何か

麻酔科の危険性とは何か

麻酔科の業務の問題

麻酔科とリスクについて

麻酔科の職員が行う業務は患者の生命につながるケースが多いです。そのため、慎重に取り組む事が求められます。しかし、担当者はどこの医療機関も少ないため一人の担当者が多くの業務をこなすケースが多いです。現在のような状況を放置していると麻酔科で多くの医療ミスが出る危険性が高いです。長期的な人材育成を行い、現在のような厳しい環境を打開した方が良いです。現在、業務の煩雑さで苦しみ心と体を悪くする人が多いです。

麻酔科の特徴とその役割

麻酔科は、ケガや感染、痛みなどの身体に加わるさまざまなストレスから患者さんを守ることを第一の使命とする診療科です。手術中の麻酔や全身管理を行うほか、集中治療室で重症患者さんの治療に携わったり、ペインクリニックで慢性疼痛や手術後の痛みに対応するなど、さまざまな診療科と連携し、治療を行うのが特徴です。病棟での人工呼吸器の管理や、入院患者さんのさまざまな痛みによるストレスへの対応など、麻酔科は手術や外来だけでなく病棟でも大きな役割を果たしています。

↑PAGE TOP