トップ / 医師と行政機関の関係

医師と行政機関の関係

行政機関で医師働く

行政機関で努めること

行政機関で医師として働く場合に想定されるのが国立大学病院や、各都道府県の公立病院、研究機関、市町村立病院などが挙げられます。行政機関は公的なものですので、そこで働く場合は身分が公務員となります。 公務員の場合は給料表というものが存在し、基本的には年功序列の考えのもと基本給が毎年1回ずつ上がっていくという安定感があります。また医師の場合は医療職という一般の行政職とは異なる給料表が適用されますので、民間と比較すると低めの設定である場合もありますが、通常の公務員と比較するとかなり高い給料が支給されます。

医師の募集の状況とは

公務員は安定し社会的信用の度合いも大きく高まります。年金や各種福利厚生など、一般的な民間の病院よりも高待遇であるケースも多く、実質の年収換算では大きく上回るというケースもしばしばです。そのために募集があると多くの医師が集まり、その倍率は高く推移します。基本的には他の公務員と同様に年に1回の採用試験が行われますが、人材不足の地方の場合においては随時募集をしている場合も多く、情報サイトにも案件が複数掲載されているケースが見られます。

↑PAGE TOP