トップ / 民間企業でも働ける医師

民間企業でも働ける医師

民間企業で医師が働く

医師が民間企業で働く場合

民間企業で医師の先生が働く場合には、基本的に「産業医」という形で採用制度などがあることがあります。昨今では、うつ病になってしまう社員さんが多いため、福利厚生などの一環として、精神科の医師の先生を民間企業で導入し、相談などを社員さんが医師の先生に聞いてもらうなど、このようなカウンセリングを受けて、またうつ病を回復していく、または退職か違う部署に異動してもらう、というような企業なども増加しています。大手の会社の場合にはこのように、お医者さんを採用していることがよくあります。

民間企業に勤める医師

医師の職場は、大学病院や総合病院に勤める勤務医、クリニックの開業医をイメージしますが、民間企業に勤める産業医や公衆衛生医、保険会社の査定医など様々な医師がいます。給与は病院の種類や勤務地で差があります。民間企業の産業医は、勤務時間は企業に所属する人と同じで、給与は高くなっています。産業医の職場環境は企業の内容でかわってきますが、企業に所属する人の健康管理をきめ細かに配慮し、企業の発展に貢献しています。

↑PAGE TOP