トップ / 医師を集めるためには

医師を集めるためには

医師不足に悩む病院

医師の不足を解消する

医師不足に悩んでいる病院というものは意外と少なくありません。労働環境が向上したとしても慢性的な人手不足を解消することは難しいのです。しかし、日々患者さんは訪れていますから、いかにして人手不足を解消するのかが鍵になってきます。具合が悪くて一刻を争う時にすぐに診てもらうことができなければ、最悪の場合には命にかかわる危険性もあるのです。それに、働く側にとっても長時間の労働は決して好ましいといえない方も多いのではないでしょうか。モチベーションを保つ意味でもしっかりと睡眠を取り、食事をする、という基本的なことを当たり前にできる社会こそが求められています。あくまでも理想論かもしれませんが、1人1人の考え方、そして行動力が医師を集める力になっているといっても過言ではありません。今の状態に満足をできないけれど続けていくしかない、という場合でも、自分の行動から何か変わる可能性もあることを覚えておきましょう。

人材不足による医療の現実

年々医療は発達しており、それに合わせた多種多様なアプローチ・治療が可能となっています。しかし医療を行うに当たり、医師の存在が欠かせません。アプローチ・治療を行うに当たりその必要性や疾患を診断し処方を頂く必要があります。疾患の数は数えきれず、その症状も多様に存在します。また経過と共に新しい疾患が現れるため、 常に勉強を求められます。しかし医師の多忙な業務量や守秘義務に加え、勉学に励む余裕などなく、それに対応できる人材が不足しているのが現実問題となっています。また資格を取るまでの勉学や研修・試験の難易度も年々高くなるため、合格出来ない人の割合に対し、退職していく人の割合が多いため、どんどん人数不足は進行しています。それを解決するためにも、試験の合格率を上げることと定期的な研修や勉強会を行い、勉強出来る場を提供することが重要となります。合格率を上げるにあたり、難易度を下げては安全な井料を提供できなくなる可能性も高まるため、か学校のカリキュラムを見直し、何事にも対応できる人を育成することが大切です。

↑PAGE TOP