トップ / 医師がバイトで働くこと

医師がバイトで働くこと

医師の雇用形態は

医師のアルバイトがある

国家資格を必要とする医師は、正規雇用しかないと思いがちですが、実はバイトという形態で働くケースもあります。例えば育児や介護の為決められた時間労働は難しい状況の人、夫の転勤で居住地を転々とするなどの理由で正規雇用の手続きが煩わしい人など、理由は様々です。医師のバイトは専用求人サイトやハローワーク、個人医院などで直接募集しているケースもあります。何れも免許の提示が必須ですので、履歴書と共に準備して面接に向かいましょう。

医師のアルバイト事情について

高収入と考えられる医師はこのような職種とは無縁であるイメージがありますが、実はそうでもないんです。特に、若い人によっては、アルバイトをする人もいます。医学部を卒業して2年間の研修を受ける人を初期研修医、その後、専門的な科目において研修を受ける人を後期研修医と言います。初期研修医の時はそれなりの給料を得ることができますが、後期研修医の間は、その時に所属する病院によって給与に差が生じてしまいます。このため、研修医の中には生活苦しくなってしまう人が出てきます。そういう医師が生活のためにアルバイトをするのです。

↑PAGE TOP