トップ / 医師の業種について知る

医師の業種について知る

医師の業種の分類

医師の業種としての分類

医師は業種区分の大分類では医療・福祉の医療業に分類されます。また中分類でも医療・福祉の医療業に分類されます。医療業の詳しい説明の内容としては、患者に対して医業又は医業類似行為を行う事業所、及びこれに直接関連するサービスを提供する事業所と説明され、医業を行う医師だけでなく、建物についても言及され、分類されています。このように医療業には、病院、一般診療所、歯科診療所のほか、助産・看護業、医療に附帯するサービス業がすべて業種に含まれるのです。

医師から他業種への転職

医師免許を持ちながら他業種へ就労する場合、製薬や美容や食品や運動や健康などの医療分野の経験と知識を活かした職業に就く人が多くなります。企業の側からしても同業他社に競争で勝つために、研究開発や監修や顧問などに携わる人材の採用という目的から求人広告で募集していますので需要があります。医師が他業種へ転職する場合は、待遇の不満や年収アップなどの理由が主にあります。転職を希望する人は、若い人の方が多い傾向にあります。

↑PAGE TOP