トップ / 医師の残業代に関して

医師の残業代に関して

医師の業務は過酷

医師の残業手当について

病院での医師の業務は過酷と言われています。そのような状況にも関わらず、時間外勤務の手当てが支払われていないという、不条理な実態があります。人材不足が原因です。夜間当直や急患の対応などに追われて、夜通し働いた後、さらに寝る暇もないまま日中の診療を行うことが医師は当たり前になっています。労働基準法の適用外になるようなことはありません。サービス残業が横行しているからといって、残業代が請求出来ないということはないのです。

医師の残業事情について

残業の頻度は医師の雇用形態によって大きく変わります。アルバイトや非常勤の場合は、事前にしないことを報告しておけばやらなくても良いことが大半です。ただし、それでも長く務めていると頼まれることもあります。次に常勤の医師についてですが、こちらは事情が違います。日当直を終えた後も夜中に電話で連絡受けてまた病院に出向く必要があるのです。ということは残業は当たり前と考えるのが良いのかもしれません。なお病院によってはタイムカードが存在しないところもあります。

↑PAGE TOP