トップ

医師が学会出席する目的

医師同士が交流をする

医師が学会に出席するメリット

大学病院のような大規模な病院では、主治医が学会出席のために不在になることが時々ありますが、それが医師にとってどんなメリットがあるのかについて、ここで簡単に説明します。学会というのは個人の研究成果の発表の場という意味合いが最も大きいですが、専門医や指導医などの資格を取るために出席が必要なこともありますので、それを主な目的として出席する場合もあります。さらに他府県や他の病院の医師と交流することによって、新たな知識の習得や情報交換を行い、それを今後の治療に活かすこともできますので、それも出席する目的の1つと言えるでしょう。出席するための交通費や宿泊費については、病院から一定額が支給されますが、それだけでは不足することが多いため、自腹を切らなければならない場合もあります。それでも普段入院患者や急患への対応のために病院を離れることができない医師にとっては、数少ない気分転換のチャンスでもありますので、年に1回か2回くらいは学会に出席することが多いようです。

学会の関係について学ぶ

医師が学会に入会した場合、学会で講演を行ったり、論文を執筆したりします。本業だけではなく多くの事をこなさなければならなくなります。しかし、最新の技術や知識を学ぶ事が出来ますのでメリットは大きいです。また、多くの医師と交流を持つ事が出来ます。専門職としてのスキルを向上させるためには入会しておいた方が良いです。学会によってはあまり積極的に活動していないケースもあります。会の状態をしっかりと把握してから入るようにした方が安全です。これに入っていれば自分が日々の業務で感じている疑問や悩みをすぐに解決する事が出来ます。年会費が決して安くなく、任される業務も多いですが、入っていれば自分の利益になる事柄はたくさんあります。あまり多くのものに入ってしまうと自身の心身が疲弊し、本来の業務に悪影響を及ぼす事があるので入る時は本当に必要なものだけにしておいた方が良いです。入るものは自分のスキルや専門性を考慮して決めた方が良いです。

↑PAGE TOP